上田の湯たんぽ5200系電車を見に行く記事の続きです。

上田電鉄の湯たんぽを見に行く前に、しなの鉄道の115系電車を撮影します。

IMG_7846
軽井沢8:13発、小諸行普通電車に乗って、撮影ポイントの平原駅へ向かいます。


IMG_7849
懐かしい「山スカ」色の2両編成で、中間車モハ114を先頭車改造した少数派のクモハ114に乗車。車番の字体と◆マークは、JR時代から変わって無いのがイイですね!


IMG_7851
クモハ114の車端部の便所の場所は、窓が埋められていて異様な感じ。「サボ受け」は撤去されずに残っていますね!「新宿ー長野」のサボ、入れてみたいなぁ~


IMG_7853
その便所ですが、便所使用中の表示灯はあるけど、閉鎖されていました。しなの鉄道に汚物処理施設が無い為、便所は使用停止になっているそうなので、乗車前に用を済ませておくことをお勧めします。


IMG_7855
この編成はリニュアル未施工で、座席も壁の色も国鉄時代ののまま。東京から近い場所で、まだ昔の汽車旅の雰囲気を味わえるなんて!来て良かった~!


IMG_7858
軽井沢を発車して、中軽井沢・信濃追分と、窓を開けて肘をちょこっと窓の外に出して、心地よい風を受けながら、軽やかに高原の中を駆け抜けて行きます。モーター音もブロアー音も存分に堪能!


IMG_7859
御代田駅に進入する直前に、静態保存されているD51 787号機が見えるのですが、ススキで隠されちゃてその姿を確認できず。保存会の皆さんの努力で、現役時代の姿を維持しているそうで、一度御代田で下車して見学したいと思っていますが、まだ実現していません・・・。


IMG_7860
軽井沢から約20分で平原駅に到着。乗って来た山スカの平原駅を発車して行く姿を撮影。
さてこれから2時間ほど平原駅付近で撮影開始。

続きはまた後日に~